地方二次救急病院の救急医ブログ ER×ICU +α 

やっくんの「だから救急はおもしろいんよ」

MENU

タトゥーを入れていてもMRIは撮れる

タトゥーは罪?

テレビではよくタレントがタトゥー(入れ墨)を入れたということで物議を醸しています

なんで他人がタトゥーを入れただけのことにとやかく首をつっこむのか理解できませんが、今回はちょっとタトゥーについて考えてみようかと思います

 

タトゥーを入れている人、救急外来でもよく見かけます

タトゥーは漁師が事故したときの個体識別に利用されたり、差別のために利用されたり、犯罪者を認識するために利用されたり、様々な文化の上に成り立ってきたものです

最近では美容目的に入れることもあります

いろんな歴史があって今の社会感情を生んでいると思いますので、タトゥーそのものの是非についてとやかくいう気はありません

それぞれに何か思うところがあってやっているのでしょう

僕にとって多くのタトゥーはただの模様です

(持病を示すようなメディカルタトゥーなんかもあります)

 

タトゥーと医療上の問題

有名人がタトゥーを入れると、テレビのコメンテーターや医療従事者などが

MRIが取れなくなるかもしれないのに軽率だ

みたいな意見をあげます

 

たしかに、タトゥーを入れていると、MRIで熱傷を負ったり変色したりするなどとまことしやかに言われています

現実問題どうなんでしょうか

 

タトゥーに関連したMRIの有害事象については、1997年に最初の報告がなされています

腹部にタトゥーを入れていた人が、灼熱感を伴う疼痛を訴えたものです


このときに染料とMRIとの関係が調べられた結果、酸化鉄ベースの染料(黒と茶色が一般的)は磁場によって影響を受ける一方、炭素、チタン、銅ベースの染料は影響を受けないことを示しています

 

この後、灼熱感に対しては冷却パックみたいなものを当てれば良いのではないかという方向で検討されていたようです

 

しかし、その後に報告されているものでは、2度熱傷を負ったというものもあります

強い熱傷を起こした部分は、かなり高濃度の酸化鉄を含んでいたようです

 

 

染料の量が多いことや、柄の面積が広いことはあまり関係ないようで、アメフト選手のごく小さいタトゥーが熱を持ったという報告も出ています

軽い熱傷で発赤を伴っていたものの数時間で改善したようですが、検査中に痛みを伴ってきたら嫌なものでしょうね

 

f:id:doctor_hero:20191114102348j:plain

タトゥーに起きた熱傷

 

MRIはどうしましょう

症例報告自体が少なく、MRIを避けた方が良いのかということに関しては結論が難しいところですが、必ずしも熱感を伴ったり、熱傷を負ってしまうものではないようです

 

頻度については、アートメイクされている患者の1.5%で熱感を伴ったという報告があります

頻度が高くなく、また重度の副反応ではないので、この文献ではMRI施行を避けるべきではないとしています

変色については報告がないので分かりません

 

 

タトゥーを入れているからといって、MRIの施行を怖がりすぎることはないと思いますが、染料の含有物質が分からない場合は2度熱傷までは覚悟する必要があるかもしれません

 

ただ

タトゥーが入っているからといってMRIを撮れないということはない

と現時点では結論しても良さそうです

 

熱傷を起こす恐れについては、施行しないことのデメリットを考慮して、必要ならご本人とよくお話をして検査すればいいのではないかと思います

 

意識障害があり、本人に確認が取れないけど脳卒中を疑うような場合にどうするかですが、これも造影CTを用いて直接血管の途絶を調べるという代替案を用いるか、アイスパックや冷たいタオルなどで冷却しながらMRIを行うという方法でなんとかなるのかもしれません

何にせよ、タトゥーに対する適切な情報提供と、文書での説明が重要だと思います