地方二次救急病院の救急医ブログ ER×ICU +α 

やっくんの「だから救急はおもしろいんよ」

MENU

布マスクを配る意味

政府が布マスクを配布

先日、政府が布マスクを各世帯に2枚ずつ配るということで話題になりました

 

布マスクなんか意味がないのではないか?

そもそもなんで布マスクやねん!?

金配れや!!

 

みたいな意見も多々あります

 

今回はマスク配布の意味について考えてみます

 

 

まずは首相官邸HPに記載されている、首相の言葉をみてみましょう

 

以下引用

マスクについては、政府として生産設備への投資を支援するなど取組を進めてきた結果、電機メーカーのシャープがマスク生産を開始するなど、先月は通常の需要を上回る月6億枚を超える供給を行ったところです。更なる増産を支援し、月7億枚を超える供給を確保する見込みです。他方、新型コロナウイルス感染症に伴う急激な需要の増加によって、依然として店頭では品薄の状態が続いており、国民の皆様には大変御不便をお掛けしております。全国の医療機関に対しては、先月中に1,500万枚のサージカルマスクを配布いたしました。さらに、来週には追加で1,500万枚を配布する予定です。加えて、高齢者施設、障害者施設、全国の小学校・中学校向けには布マスクを確保し、順次必要な枚数を配布してまいります。本日は私も着けておりますが、この布マスクは使い捨てではなく、洗剤を使って洗うことで再利用可能であることから、急激に拡大しているマスク需要に対応する上で極めて有効であると考えております。そして来月にかけて、更に1億枚を確保するめどが立ったことから、来週決定する緊急経済対策に、この布マスクの買上げを盛り込むこととし、全国で5,000万余りの世帯全てを対象に、日本郵政の全住所配布のシステムを活用し、一住所あたり2枚ずつ配布することといたします。補正予算成立前にあっても、予備費の活用などにより、再来週以降、感染者数が多い都道府県から、順次、配布を開始する予定です。世帯においては必ずしも十分な量ではなく、また、洗濯などの御不便をお掛けしますが、店頭でのマスク品薄が続く現状を踏まえ、国民の皆様の不安解消に少しでも資するよう、速やかに取り組んでまいりたいと考えております。

引用ここまで

 

というわけで、医療機関に不織布の入ったサージカルマスク、それ以外の場所に布マスクを届けるという方針なのです

できる限り、マスクを使用したかったら布マスクを着用し、医療にサージカルマスクを回そうというメッセージです

 

ご協力いただければ幸いです

 

マスクの目的は?

マスクは何に使用しているかという点がとても重要です

 

ある程度の防御力が期待されるはずですが、装着でコロナウイルス感染を予防できるかといわれると、かなりその見込みは低いだろうと考えられています

インフルエンザや類似の上気道感染症で感染予防効果が乏しいという研究結果がちらほらあるためです

前回の記事で触れましたが、上気道感染症予防という意味では、布マスクであれば余計に効果は乏しいことと推察されます

医療従事者対象の比較試験ですが、今のところ布マスクが自己の感染予防においてとても優れているとは言い難い状況です

 

ではなぜ医療従事者はマスクをつけるのか?

 

これは自己予防のためでもなければ、ファッションのためでもありません

患者さんを守るためです

 

サージカルマスクは、あくまでも患者さんに自分が持っている病原体を飛ばさないようにとつけています

なんらかの処置や手術の時に使用して、処置後は廃棄しています

 

一日中マスクをつけていたとして、風邪症候群に関わるウイルス感染電波を防げるかというと、そういうものでもないようですから

 

なぜせっかくマスクをしても感染するのかですが、つけているマスクを触ってしまうからだと考えられます

 

僕は自分が何かに感染しないようにということを考慮した場合、直接体液を浴びそうな時にサージカルマスクとゴーグルをはめたり、空気感染する可能性が高い病原菌が疑われる時に、N95マスクをつけたりしていますが、そのリスクから解放されたら都度マスクは破棄しています

 

サージカルマスクが無くなったらどうするか

最悪布マスクをしてでも、せめて手術や処置のときには唾が飛ばないようにするかもしれません

 

せっかく配られたマスクは正しく使おう

僕は

「マスクをつけさえすればよい」

とか

「マスク無敵」

と思われているなら、その点は誤りであるという点を指摘しています

 

 

マスクはきちんと使用しないと意味がありません

マスクを着用するなら、次の2点を気にしましょう

 

・つけたら触らない

・着用前後に手洗いをする

 

これをやらないなら、たぶん布マスクを使用してもサージカルマスクを使用しても同じです

意味がないどころか汚いものを顔に装着している分、リスクにさえなるかもしれません

 

医療従事者でも、マスクを着用した状態でマスクを触ってしまう人がいます

これは反面教師

 

適切なフィッティングを行った後、装着したマスクに触っていいのは外す時だけです

 そして触るのはなるべく紐部分にしてください

 

マスク本体に触るということは、フィルタリングされた様々なものに触ってしまうということです

内側も外側もとても汚いものなのだと思いましょう

 

マスクを触ったその手で目を擦ったり、お菓子を食べたり、鼻をほじると感染するわけです

マスクをはめる手、外した後の手も汚いので、着脱の際には前後に手洗いをしてください

 

マスクを触ると手が汚れます!!

 

もう一度申し上げます

マスクを触ると手が汚れます!!!

 

予防目的にとマスクをつけられている人もたくさんいらっしゃると思いますが、そのマスクを触るたびに意味が無くなりますし、せっかく並んでまで買ったマスクを適切に使用できない(鼻だし顎だし)人もたくさんいらっしゃいます

テレビなどでそういう人を見ると悲しい気持ちになります

 

手がどれくらい汚れているのかイメージが湧きにくければ、常に両手がうんこまみれだと思ってください

その手でマスク触りたくないですよね?

一刻も早く手を洗いたいですよね?

 

 

マスクは予防として劇的な効果を約束するものではないかもしれませんが、確実に唾は飛ばさなくなります

きちんと装着して手指衛生も保った状態で布マスクの効果を調べた研究は今のところないはずです

 

意味はないかもしれない

でも使用するなら、考えられる限り最大の効果を得たいですね

自分の唾を飛ばしたくないという状況では、手指衛生を保った状態できちんと装着しましょう

 

自分の体調が悪い時にちょっとだけ他人と接しなければならないとき

家族の介護や介抱をするとき

手洗いを徹底し、きちんと着用することで、はじめてマスクの効力を期待できると思います

 愛する隣人を守りましょう

 

とにかく手は清潔に

日本には配られた布の他にも、綺麗な水という最強の武器があります

あるものを利用して、COVID-19の蔓延をできる限り防ぎましょう